● インプラント治療とは?
永久歯の治療には虫歯の治療、歯周病の治療、歯の神経(歯髄)の治療等がありますが、病気が進行すると、残念ながら多くの場合、最終的には歯根も含めて歯を抜くこと(抜歯)になってしまいます。この場合、歯と歯根は2度と生えてくることはありません。また、交通事故などで永久歯の歯根が破折し失ってしまった場合も同じです。 このような場合に一般的に行われている治療方法は入れ歯やブリッジと呼ばれる方法です。これらの方法は歯根のない方法、つまり土台のない状態での治療となります。 これに対して、歯科用インプラント(Dental Implant)は天然歯の歯根に相当する部分で、この人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けるという治療法です。つまり天然歯の構造に近似した治療法なのです。
● 従来の治療法との違い
従来の治療法(ブリッジ)
両側の健康な歯を削る必要があります。
インプラント治療
健康な歯を削ることなく、天然の歯と
区別がつかない歯並びを再現できます。
従来の治療法(部分入れ歯)
金属の止め具などに違和感を感じ、
見た目もよくありません。
かたいものが安心して食べられません。
インプラント治療
止め具などを使わないため、
口の中に違和感を感じません。
しっかり固定されているので
かたいものを食べても安心です。
従来の治療法(総入れ歯)
ガタつきがあると安心して食事が
できません。入れ歯がズレたり食べ物が
内側に入って痛くなることがあります。
インプラント治療
自分の歯のようなしっかりした噛み
ごこちで、安心して食事ができます。
入れ歯のように外れる心配もありません。
従来の治療法
(入れ歯安定剤・入れ歯の作り直し)
入れ歯安定剤では、人前で
外れるなどの不安があります。
※ 総入れ歯の場合、あごの骨がやせて
入れ歯が合わなくなる事があります。
インプラント治療
入れ歯の支えにインプラントを使うことで、
入れ歯が外れたりガタつくことがなくなり、
口元に安心感がもてます。

produce by Dental Internet
「医院紹介」
「インプラント」
「地図」
「料金表」
TOPへ戻る